さよなら 青い鳥

沖縄県子ども若者みらい相談プラザsorae(ソラエ)は、学校や仕事、生活の悩みを抱える子ども・若者を支援する無料相談プラザです。ニート、ひきこもり、不登校などのお悩みもsorae(ソラエ)にご相談ください。 (沖縄県子ども・若者総合相談センター)

さよなら 青い鳥

bluebird

地域若者サポートステーション沖縄(沖縄市)の三線弾き語りキャリア相談員(笑)國吉大介さんから情報をいただきました。

10年以上前の2ch書き込みから生まれたFlashムービー。國吉さんは、自分自身も人生の方向性が見えなくなったとき、この映像を見て励まされたんだそうです。

ある一人のひきこもりの男性の告白です。

胸を打たれました。

彼は今どうしてるんだろうか…?

もう少し自分に納得できる生き方できてるだろうか…?

この映像で勇気を与えられた人はきっとたくさんいるはずです。

彼は、自分の状況をこんなに正直に客観視できる。
彼は、それを文章にする力を持ってる。
彼は、みんなが苦手な「感情」も、きちっと表現できる。
彼は、結果として、たくさんの人の心を動かした。

自分にこれだけ正直に自分と向き合うことができるだろうか?
美化することなく、卑下することなく、彼はかなりフラットに自分を観ている。
ありのままに認めることって本当に難しいのに、彼はそれをやってる。
自分の感情も素直に認めて、人に謝る、というアクションを起こすこともできる。
彼にとっても簡単なことではなかったと思います。
何ヶ月も苦しい日々を過ごしてやっとネット上で表現できただけかもしれません。
でも、彼は「やった」。
やれるやれないという評価ではなくて、人生は「やる」ことが大事。
自分にできるだろうか? いや、「やった」ことがあるだろうか?

彼は「思う」ばかりで「やる」ことをしなかった過去の自分を悔いてます。
でも、彼は、この告白をすることで「やる」ということを自分に課したんだと思います。
彼は単に過ぎた過去を振り返ってるんじゃない。
今も自分の中に進行中の負の連鎖を必死に断ち切ろうと頑張ってるんだと思います。

だから、人の心を打つんだと思います。

だから、気になります。

彼は今どうしてるんだろうか…?

10年以上経ってからでも、心に響くような素敵な言葉を残してくれて、
ありがとう。

  1. あい
    あい2月 07, 2015

    母親の日記を2度と見ないと言った場面や、自分が過去に見下してきた人に謝る場面などから、「自分は何にもなれない、自分は特別なんかじゃない、価値がない」と未来への夢や生きる希望を失って自殺に向かおうとしてるように感じました。
    今の自分を終わらせたいのかなと。
    引きこもりを脱出するのは簡単じゃないです。
    外に出られてもまた元に戻ったりしてブランコみたいです。

  2. 小笠原
    小笠原2月 08, 2015

    あいさん
    そうですね。ボクもちょっと思いました。
    もしかしたらそっちの方向もあるかもしれませんね。

    ひきこもりと言っても、人は様々。事情も様々。
    でもやっぱり脱出のプロセスは結局、みんな同じではないでしょうか。
    そのやり方もいろいろあるでしょう。
    でもやっぱり踏まなきゃいけないプロセスは一緒な気がします。

    ボクが思うのは、
    まず「やる」こと。
    やろうと思ってやらなかったことをやり始めることです。
    そして「手放す」こと。
    自分の中でもう要らないと思う部分を「手放す」ことです。

    ただ、この「手放す」が難しいんですよね。。。
    ボクは過去に何人かしかサポートしたことがないのですが、
    ひきこもり中、何もやってないかというと、逆で、
    みんな内面的な作業をたくさんしていますよね。
    同じ思考を何度も何度も自分にこすりつけるように。
    動き始めても、これがなかなか手放すことができなくて。
    新しいことは始められても、捨てないといけないんですよね。
    変わるためには。

    でも、それが理解できた子は、時間はかかっても必ず抜けました。

    時間は、、、かかりますよね。
    かけるべきなんだと思います。

Leave a Reply